スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう!

  私が、今回このタイトルでブログを書こうとした理由を説明します。

  ある人との出会いがきっかけですが、出会いといっても知り合いの車内にあったCDをたまたま目にしただけで、出会いとまではいかないかもすれませんが、何故かすごく気になりました。知り合いは、そのCDと持っていたDVDを、私に譲ってくれました。

  家に帰り、そのCDとDVDを見たのですが、その内容はとても素晴らしく、特に「ありがとう」という言葉の素晴らしさに気づく事となりました。

  そのDVDの事についてはここに書き込んでいいものか分からないため、ふせさせていただきます。

  私は、モチベーションを保てるような人間ではないため、今の気持ちを忘れないため、又、思い返す事の出来るよう、何かに残そうと思い今回のブログを書きました。


        「 ありがとう 」
  私は、長い間、接客、営業をやっていたため、一般の方よりは、『 ありがとう 』という言葉を使った事は多いと思います。

  私の見たDVDを見て、私は、今まで自分の接客に満足とまではいきませんが、それなりの自信を持っていて、接客というものを分かっていたつもりでいましたが、恥ずかしくなりました。ありがとうに気持ちを込めて言っていたつもりですが、そんな軽い気持ちではだめだと気付いたのです。

  DVDの中で本気のありがとうを伝えている方がいましたが、私はその姿に感動し、尊敬し、カッコイイと思いました。私は、今すぐにはその方のようにはなれないと思い、まず私の第一歩として、うちの店に来られるお客様の一人でも多くの方に、『 本気のありがとう 』を伝えていくとを決心しました。DVDを見た次の日から実践していますが、『 本気のありがとうが 』言えると、自分でも鳥肌が立ち、お客さんも凄く笑顔でかえって行かれました。私はその時、本気は伝わるんだなと、気付かされました。その日は何回も『 本気のありがとう 』を伝えようとしても、きちんと言えたのは2回だけでした。

  でも私は、前日には言えなかった『 本気のありがとう 』 が2回も言えました。そうやって徐々に伝えていこうと思います。


      私が 『 本気のありがとう 』 と出会って

  私は、4年前、かわいかった甥っ子を脳腫瘍でなくしました。私の長男と年が一緒で生きていれば、12歳です。余命3か月と申告された時は、『 なんでうちなんだ 』と思いました。 でももしかしたら助かるんじゃないかと希望を捨てませんでした。本当にいい子で、やさしく、元気で、面倒見のいい子でした。 何かの本を読んだ際にこういう言葉を目にしました。

    『 人はなくなるまでに、自分の全てを出し切る 』

  本当だなと思いました。
  甥っ子は生前、物凄くいい子で、とても素晴らしい子供でした。

  そんな子が5歳で、倒れ、意識を失い、余命3か月と言われてから3年も一生懸命に生き抜きました。

  そして亡くなった。 でも私たちはその甥っ子から色々なものを学びました。

  亡くなった時、私は甥っ子に 『 ありがとう 』 と伝えましたが、本心ではありませんでした。ただただ悔しくて、悔しくて、悲しくてたまりませんでした。 出来る事なら私の命と変えてくれとまで思いました。 ただ、病院の先生に、この世に未練が残ってはいけないから、 『 ありがとう 』 と言ってやってくださいと言われて言っただけでした。

  今回のDVDを見た今なら、本気で 『 ありがとう 』 と言えれると思いますが、甥っ子に伝える事は出来ません。
   
  ただ伝どこかで見ていてくれると思い、ここで伝えたいと思います。

  『 義人、おっちゃんと出会ってくれて、ありがとう 』

  『 いつも笑顔で、おっちゃんのそばに来てくれてありがとう 』

  『 うちの子供とけんかをせず、遊んでくれてありがとう 』

  まだまだいっぱいありがとうを伝えたかった。

  背負いたくてたまらなかった、一度も背負う事のなかったランドセル、使いたくてしょうがなかった、一度も使う事のなかった教科書。 でもうちの子はその思いは忘れてないぞ。3月には、一緒に卒業するんで。

  うちの子が元気いっぱいでおれるのも、義人がずーっと守ってくれてるからな。ありがとう。

  じじ、ばばが元気でおれるのも義人のおかげ。ばばは今でも毎日泣きながらお経をあげとるで。

  これからも、うちの一族を見守っててや。



   私は、『 ありがとう 』 を伝えとけばよかった、と後悔しないよう、これからは、てきとうなありがとうではなく、『 本気のありがとう 』 を伝えていきます。

   長々お読みいただきありがとうございます。 一人でも多くの方が 『 本気のありがとう 』 を伝えていってくれれば、いいなと思います。 また、一人でも多くの方に 『 本気のありがとう 』 が伝わると信じています。

         ありがとう 
  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オノ

Author:オノ
ようこそオノブログへ!
私は最近ブログをはじめました!
これからたくさんの方々とつながれたらと思います。

33歳で多趣味!青春時代は野球に明け暮れ、
気が付いた時には青春時代が終わっていました(笑)

ブロトモもまだ一人もいないのでできたらブロトモも宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。